TOP » プレスリリース

イベント


商工会の伴走型支援により飲食店のリピーターを増やす!
「筑前芦屋はしご酒祭り」開催のお知らせ


  基地の町、そして海の町である芦屋町は、かつては200を超える飲食店があり、「眠らない街」といわれるくらい栄えていました。現在では、人口は減少し、町内の商店街もシャッター街と化しています。町内在住者だけではとてもかつての賑わいを取り戻すことはできません。そのような中、芦屋町商工会は、町外の方に芦屋町のお店と町の魅力を知っていただき、リピーターとして再度来町していただくきっかけづくりとして、「筑前芦屋はしご酒祭り」を開催します。

【イベントの概要】
  購入したチケットとガイドマップを片手に、参加店舗の中から好きな店舗(飲食系2店、スナック系
2店)を選んで、開催期間中(10/2711/3)にハシゴします。入店時にチケットをちぎってお店のスタッフに渡し、サービスの提供を受けます。
各店舗で出されるのは、原則おつまみ一品とドリンク一杯。各店舗がそれぞれ特色ある一品を用意しています。
 1.主催者等: 主催=芦屋町商工会     後援=芦屋町       協賛=芦屋町観光協会
 2.開催日時: 平成281027日(木)〜113日(木)(各参加店舗の営業時間の範囲内)
 3.チケット価格: 【前売券】3,000円/1冊  【当日券】3,500円/1冊
             (いずれも飲食系とスナック系で色分けされた各2枚の計4枚綴り)
 4.チケット販売: 800枚 9月26日(月)から販売開始(ネットでも購入可)
 5.参 加 店: 町内飲食店 38
 6.参加者・参加店・芦屋町それぞれにとってのメリット
 ★参加者にとってのメリット    
  @一度に多くの店舗の料理が堪能できる!
  A普段入りづらい店舗でも気軽に入店できる!
  Bチケットにある番号による抽選で豪華景品が当たる!
 
  Cチケットの半券で当イベント開催期間中に実施している「あしや砂像展」の入場券になる!
    ※「あしや砂像展」は
1022日(土)〜116
日(日)
 
★参加店にとってのメリット
         
  
@実行委員会が中心に集客し、不特定多数の方が来店、お店のアピールをするチャンスあり!
 
  
A店舗の宣伝に十分な経費をかけられない飲食店にとって、低コストで自店をPRできる!
  
B経営支援団体である商工会の指導を受けつつ、効果的なお店のコピーや集客方法を検討!
 
★芦屋町にとってのメリット         
  
@多くの参加者に参加してもらうことで、交流人口拡大による
   経済効果(小売業や宿泊業等への波及)が得られる!
  
A町を訪れるリピーターの確保、町のブランドイメージ向上等、
   芦屋町の魅力を参加者にアピールできる!
【「筑前芦屋はしご酒祭り」の特色】
特色@ 地域の経営支援団体である商工会が企画  
    →ただの地域おこしのイベントではなく、
儲かるお店づくりを目指す企画です。
特色A 行政、観光協会と一体になった企画であり、「あしや砂像展」とのコラボによる
     相乗効果を狙っています。
    
町外からの集客は町全体の課題という共通認識があるからこそ、第3者の存在が
      重要となります。
今年の4月から地域おこし協力隊として活躍しているプロのカメラマン
     
による店舗紹介の写真撮影の他、町の公式ゆるキャラ「アッシー」を前面に出したPR等、
    
総合的に芦屋町を盛り上げます
特色B 町の中心部に飲食店が密集している立地は芦屋町ならでは。飲み歩くには程よい
    距離です。
    
→芦屋町は、町の中心に飲食店が集中しており、夜のお店については、中心から
     ほぼ10
分圏内で行けます。
店の種類は様々。海鮮系から焼肉、焼鳥、お好み焼き、
     さらにバーやスナック、カフェまでも。
今年は、「あしや砂像展」とのコラボに力を
     入れるため、昼間営業をしているカフェや飲食店も新規参加して
おり、お酒を飲め
     ない方でも楽しめます。 
特色C 今年で7回目の開催。変化を求めて、また更なる集客を目指し8日間の開催、
      いわゆるバル形式を採用
。    
     
→これまでは12時間だけのイベントでした。イベント終了後に常連客がお店を
      再度訪問し、盛り上がったという話は聞くのですが、
主催者が求めるのは、
      一日だけの盛り上がりではなく、恒常的な盛り上がり
です。より多くの方に
      来町していただき、リピーターになっていただくことを目指すため、変化しました。
 
 

« お問い合わせ »