TOP » プレスリリース

旬の記事


「桐たんすメーカーが"エレキギター"を制作」


九州の桐たんすメーカー「株式会社 総桐箪笥和光(大木町)」が、2Mg - Music Management Group(大木町)westvillage(筑後市) のプロデュース・監修・協力の元、”桐のエレキギター”を制作しました。桐という素材は”お琴”で使われる素材であり楽器材として古くから日本で利用されています。お琴は繊細な響きをもち、中帯域の独特な個性のある響きと低音域の音抜けのよさを持合わせ、まさに木材共振が生み出すばらしい音色です。 この事から桐材は軽さを持ち合わせながらしっかりとした繊維質があり、とても共振しやすい素材であると言えます。
木質楽器において木材共振はとても重要な事であり、この特性を利用して桐のエレキギターを真剣に作ってみてはと言う思いがありました。とても軽量で長時間のレコーディングでのストレスが軽減されます。桐ギターの生鳴りは強く、ピックアップへ確実に伝達します。組込協力をお願いした、westvillage(筑後市)の西村さんの手により、音の立ち上がり、サスティーンも十分確保し、内部の電装系も丁寧に仕上げて頂きました。
デモアンプとして、Laney LIONHEARTL5T-112 でサウンドチェックを行った所、桐の特性である音の明瞭さ、低音域のほどよい扱い抜けの良さ、中帯域にやや個性を残しつつ、高域は明瞭ながら自由度があると感じました。全体的にバランスくジャズ〜ハードロックまで幅広く対応出きます。 軽さ、音、生鳴りが良くいつまでも弾いていられるギターに仕上がっています。 

« お問い合わせ »

  • 株式会社 総桐箪笥和光
  • 〒830-0424
  •  福岡県三潴郡大木町三八松1048
  • 電話番号/0944-33-1421  FAX/0944-33-1423
  • Webサイト/tansu.com
  • E-mail/tansuotoko@tansu.com
  • 担当者/加島 功一(カシマ コウイチ)